log of the Frontier Design

infinity 0 ground-sat
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 自分に驚き。 | main | 狭いからこそと開き直りをしています。 >>

いつまでもそうであってほしい。

今日はラバンダのアキヲとユウキと日田にお買い物に行ってまいりました。「荷物があって実家に帰るけど、日田に行ったりする?」的な感じで誘ったらノリノリで乗ってきました。ボクの荷物を実家にドロップすることもつゆ知らずか、知ってか、、かわいい後輩です。


計14箱になった実家へ持って帰ったダンボールたちなのですが、ちょっとお金に余裕が出、もうちょい広いところに住めるようになったら幾つか持って行こうと思います。


そういえば、久しぶりに行ったK'TSショップですが、繁盛しておりました。
PARCOに出展したこともあり、なかなかどうして有名になってきているようです。個人的にはいいものが流れてしまうので残念というところでしょう。でもいいことですね。はい。ひねくれたこと言ってないで素直に喜びましょう。ハイ


前々から思っていたことなんですが、あそこの店長さんは勉強しすぎですね。

「いらっしゃいませ〜。あっ、、お久しぶりです!勉強しますよ〜。」

一連の挨拶なんでしょうね。ドアを開けた瞬間から「勉強」という言葉が店内を飛び交うというなんとも現代には似つかわしくない店内。おかげで大学時代大変お世話になることになったのですが、、


そういえばアキヲとユウキのバイタリティはすごいね。
「自分たちで作っていくんだ!」という意気込みがあふれ感じられます。
あ〜そういえばボクたちもそういう風に見えるんだろうなぁ、、と痛感させられました。

もう一度言わせていただきたいと思うのは、ラウンジには何にもなくて、買出しに行ったり、自分で作ったり、と自分たちの手が加えられていないところはないでしょう。ある程度完成してからきたメンバーは分からないかもしれませんが、場所、物、人がここにあることはとても幸せだということを認識しなければならないということを。


ラウンジを出る時は、購入したものなり、作ったものなりをすべてなくしていったほうがいいのではないか、、ラバンダを見ていてそういう感覚に陥りました。


「教えてください。」「ください。」ものすごく簡単な言葉ということ



「作・創・造る。」プライスレス、、いつまでもそうであってほしい。
そう、引越しを目の前に思うわけですよ。


つくづく、プライスレス大好きなんだなと認識させられます。
- | permalink | comments(3) | trackbacks(4)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

さっき読んでたあるブログでこんな言葉がありました。

  『媚びる子には答えは教えるけど、ノウハウは
教えない。
   頑張る子にはノウハウは教えるけど答えは教えない。』

頑張る人には仮に「おしえて」と言われても自分もその人に
教えられることが必然的である以上、そうなるよね。

Pricelessは今がそうであるようにお互いに後者の関係であり続けたいね。

私も続きをしに明日にでもラウンジに帰ります♪
きくみ | 2005/03/11 6:39 AM
blog見て、電話で話して少しながら宏昭さんの想いというものを感じれた気がする。特にこのことば:
場所、物、人がここにあることはとても幸せだということを認識
何もない状態から始めたもんね、だからこそ想い入れが大きいんよね。そして、宏昭さん同様、私もPriceless大好き人間であり、今の生活とも切っても切れないんやと認識。それがPricelessなんやもんね
エリコ | 2005/03/11 9:31 AM
全部もってってくれー!作るぜい!早く決めて帰りたい。
とし | 2005/03/11 12:39 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://axplayerno1.jugem.cc/trackback/182
この記事に対するトラックバック
もう一度言わせていただきたいと思うのは、ラウンジには何にもなくて、買出しに行ったり、自分で作ったり、と自分たちの手が加えられていないところはないでしょう。ある程度完成してからきたメンバーは分からないかもしれませんが、場所、物、人がここにあることはとて
河津氏のブログから引用ですー。 | milestone | 2005/03/11 3:57 PM
自分が今こんなことをしてるのは100%Pricelessの存在のおかげ。河津さん、仁科さんをはじめとした先行者の背中を観ながらこんな場所にきてしまったという感じ。とても、とても感謝します。
河津さん | Lo siento, como siempre | 2005/03/14 2:15 AM
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/05/28 2:10 AM
管理者の承認待ちトラックバックです。
- | - | 2007/06/22 6:30 PM